アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「旅」のブログ記事

みんなの「旅」ブログ

タイトル 日 時
ミャンマー国 『ヤンゴン』彷徨 その4
ミャンマー国 『ヤンゴン』彷徨 その4 えー、街や村や、飲み屋しか回ってへんのか、というお声もあるようで、実はしっかり観光名所も視察しており、ヤンゴンと言えばパゴダであり、パゴダと言えばヤンゴンであり、よーするに観光名所と言えばお寺、お寺と言えば観光名所、何やかやの選択肢なしのこれ一本。いざゆかん。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/28 15:43
ミャンマー国 『ヤンゴン』彷徨 その3
   ミャンマー国 『ヤンゴン』彷徨 その3 さて、早起きしてフェリーに乗ってヤンゴン川対岸へと渡る。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/25 17:44
ミャンマー国 『ヤンゴン』彷徨 その2
ミャンマー国 『ヤンゴン』彷徨 その2 「軍事政権」「世界最貧国」、ステレオタイプに吹聴されるイメージだけを信じていたら、この地ミャンマーには訪れなかったはずだ。タチレイでみた屈託のない笑顔と熱気に誘われてヤンゴン入りした僕の胸は、ポンコツタクシーのリアシートと共に躍っていた。開け放たれた車窓にへばりついては飛び去っていく未知なる色彩の嵐にさらされて、これから始まる豊饒な旅を僕は確信したのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/20 16:32
ミャンマー国 『ヤンゴン』彷徨 その1
ミャンマー国 『ヤンゴン』彷徨 その1 空港ロビーの扉を抜けると、待ち構えていたのは灼熱38℃の歓迎であり、群がる客引き、タクシーの群れ、ダウンタウンまで7$でどうだ、こっちは6$、いや5$だと、逆セリ状態の買い手市場、さあてと、それぞれの車を見渡せば、そろいもそろって侘び・サビ満載のビンテージ車ぞろい、セダンのくせして後部座席のない車、シートはあってもあんこは飛び出し、段ボールを5〜6枚敷きつめて「さあ座れ」、エアコン付きなど皆無であり、メーターはあっても機能せず、ボンネット、車体、左右のドアと、それぞれ色の違うパーツ合体サイケな車... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/16 15:07
ミャンマーに向かって、『桜の花、舞い上がる道を』
ミャンマーに向かって、『桜の花、舞い上がる道を』 えー、実は明日4月5日から10日間、ミャンマー国をさすらう予定になっていて、その前に、盛りの桜を愛でておこうと飯田橋の外堀で、昨夜ミニ花見をやってきたんやけど、寒いながらも今年の花はもう終盤戦。帰ってきたころには跡形もなく消え失せてしまってることかいな。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/04 17:39
鹿児島・博多2
鹿児島の次なる街は博多である。バスに揺られて4時間少々、これで5回目の訪問で、かなりのお気に入りの街である。言葉がいいね、地元言葉がフツーに当たり前に流通している土地柄で、『まんだたやの良太』ばりの博多〜小倉弁をBGMに玄界灘の「うまかもん」をつつきながらボケまくる至福の一時。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/24 20:17
鹿児島・博多1
えー、実は三日前からの九州入り。鹿児島から博多への飲み旅で、まずは鹿児島、この街は、ときめきスタイル社時代に一度訪れて、仕入れで美味しい思いをした街で、古い商店次々飛び込んで、50〜70年代ものの靴やバッグ、インディゴのGパン山盛りに、ピューロンのイカしたモッズなシャツ、ポップでキュートなロンスカわんさか。 「え?兄ちゃん、こんなん持てってくれはるのん?!」二束三文、買い叩いたはずが逆に大いに感謝され、溢れかえる戦利品、梱包作業深夜までかかりっきり、おかげで仕入旅の第一義、飲み歩きができなかっ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/18 23:55

トップへ | みんなの「旅」ブログ

ときめきスタイル社 店長Sの 『東京彷徨かわら版』 旅のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる