アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ときめきスタイル社 店長Sの 『東京彷徨かわら版』
ブログ紹介
たたかう古着屋『ときめきスタイル社』を休眠させてはや12年。東京・大阪・金沢、及びメコン川流域に潜みつつ。文筆、服飾・コンサルティング、企画、音楽等が主たる領域。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
リモワ2輪サイドハンドル
リモワ2輪サイドハンドル 街中をリモワが占拠した。いわんや空港、大阪の玄関口関空おや。シルバーのガラガラ隊の大氾濫であるが、よくよく見ると、アルミではなくABS樹脂やポリカーボネート製の亜流品、「よく似ている品」である。 もちろん色付きサルサのことではなく、『ハニーゴールド』(あえて金属に見せかけた色目の、ヒネリの利いた本物リモワサルサ)などという洒落っ気のあるものでもない。『リモワ2輪サイドハンドル』一択である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/15 21:11
グローブトロッター ネームタグ
グローブトロッター ネームタグ 小物における小物の話 グローブトロッターネームタグ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/12 18:49
 『グローブトロッター オリジナル21インチ』×『トリッカーズ コードバン』
 『グローブトロッター オリジナル21インチ』×『トリッカーズ コードバン』 『グローブトロッター オリジナル21インチ』×『トリッカーズ コードバン』 ラゲッジと靴と旅する私と@ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/07 17:40
新々『引越記』海峡の街へ!
新々『引越記』海峡の街へ! えー、しばらくぶりのご無沙汰で、何故なら又々の引越しで、荷物片付け新居に馴染んだ今日このごろ、みなさんときめいてますか、そーですか。実は去年の秋からの候補地探し、汽笛とカモメと蠢く不夜城、そんな景観に引き寄せられて、遥々やってきたぜ海峡の街、港湾都市深部の船着場、いざ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/24 09:31
『さらば東京』
『さらば東京』 僕には判官びいきの気があって、『ときめきスタイル社』にやってくるお客に対しても、仲間と連んでドカドカやってくるヤツよりも、ひとりぼっちでやってきて、伏し目がちに買い物しているコに対する方が数段優しくて、別にえこひいきしているわけやない。いにしえよりハグレモノだった僕からの、同類項に対する「ささやかなるおもてなし」てなもんである。 音楽に関しても同じで、数の力でなぎ倒すようなバンド、集団には興味がなく、EXILE論外、AKBもってのほか、て言いたいところやけど、ま、彼女たちには『カチューシャ』て... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/05 17:21
アルミの誘惑
アルミの誘惑 アルミフェチである。金銀プラチナ並べられ、さあ、どれが一番好きかと聞かれても、磨き込まれたアルミ合金が側にあれば、迷わず『こっち!』と指差すだろう。思えば中学生半ばの頃から自転車に凝りだして、小旅行車のランドナー、憧れはフランスのルネエルス(ルネルスとも言うネ!)やTOEIのオーダーもの、その魅力の核心本丸は、僕にとってはアルミ合金で出来た各々パーツの輝きであった。マッドガード、クランク、リムやライト類に至るまで、バフがけされてヌメッ!と光るその妖しさは、その後の様々なモノ選びの場において、狂お... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/14 16:17
ときめきスタイル社
ときめきスタイル社  えー、さてさて今回は、皆さんからのリクエストの多かった、『ときめきスタイル社』の生い立ちについて語ろかな。そう、この古着屋が出来たのは今から約20年近く前の事である。5社ほど広告代理店を渡り歩き、さあ、自分で会社を立ち上げようと、温めていた名前が『ときめき広告社』。それが、溜まりにたまった自分の服や小物を処分しようと、我が愛車SAAB900turboのシートをフラットに押し倒し、トランク全開、屋根にまで荷物を縛り付け、南港フリーマーケットに一度出店した事がきっかけで、新たな方向に舵を切り、その... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/07 18:42
『震災』、『うた』、そして、『桜』。
『震災』、『うた』、そして、『桜』。  桜満開の今日この頃、遅ればせながら新年初回のブログである。昨年暮れの最終回では、新年からは週一更新云々と、殊勝な抱負を述べたけど、もともと締め切りに対する呑気な性格は変わりようもなく、いただいた皆さんからのお便りに、遅い年賀状を兼ねて返信出し終えたその後は、1カ月ばかり諸国をさすらっていたのである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/11 22:23
『クリスマスイブ』、『メールフォーム』、そして、『よいお年を!』
『クリスマスイブ』、『メールフォーム』、そして、『よいお年を!』 えー、知らない間にクリスマスイブである。せっかく快適な新居に引っ越したというのに、今月は半分以上が出張で、時差ぼけ酒ボケ重なって日時感覚全くなく、今朝のラジオで望月理恵に「イブですよ。」と教えられ、急遽サンタコスをクローゼットから引っ張り出し、自前のヒゲも手でクシャクシャ整えた次第である。 街に出たら出たで、銀座の三越前では下手くそなラッパをBGMに社会鍋が煮えくりかえり、なんやかやで今年も終わり。ブログのほうも、もっと更新したかったけど、来年は週一更新を目指すとして、まずは熱心な読者諸... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/12/25 20:00
『雅姫』さま、『長峰菜穂子展』、『和田麻美子展』、『ときめき煽動ビラ』、『CUTiE』その他色々。
『雅姫』さま、『長峰菜穂子展』、『和田麻美子展』、『ときめき煽動ビラ』、『CUTiE』その他色々。 さて、午前中は三軒茶屋のティップネスで、筋トレとランを少々。その後、ダイニングテーブルと食器を物色に、バスを乗り継ぎ自由が丘と目黒の街へ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/11/26 14:10
新『引越記』、ときめきスタイル社『レジ横』の話、『断捨離』、その他色々。
新『引越記』、ときめきスタイル社『レジ横』の話、『断捨離』、その他色々。 てな訳で、又また引越しました。なんかね、まあ、部屋との相性がも一つで、3か月のみのお付き合いでエイヤッ!と決別、引越し先は旧居から歩いて僅か2分の距離、前と同じくナンバー町、町名数字少々若くなり、道を隔てて2軒お隣は皇居である。                   引越前夜の図 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/11/06 11:50
名刺を作ろうと思い立った
名刺を作ろうと思い立った さて、名刺を作ろうと思い立った。前回の『引越記 その3』でも書いたように、僕の名刺はセンター横書き一行で、名前だけが記された、ただそれだけの極シンプルなものであり、それもいよいよ底をつき、何よりも某ケーハク作家先生が同様の名刺をお使いらしく、対する相手を値踏みしつつ、住所、電話、モバイル…、をもったいぶって付け加えていき、時には様々なオプション設定、夜の銀座、六本木のネーちゃんには星座、血液型なんかも付け加えているのだろう、ああ同類項に見られるの大いに気分悪く、さあて、クサくない名刺を一丁作ろう... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/10/14 00:22
引越記 その3
引越記 その3 えーまたまた続きの第3弾である。さて、転居先候補最後の頼みの綱は千代田区で、と言っても区の東南部、神田駅近辺はパチ狂&風俗命の街金にどっぷり浸かりきったアウトローサラリーマンにおでん屋で絡まれ、えらい目に会いそうやし、なによりも街が平坦、緑もない。目指すは皇居を挟んで対角線上、一から始まるナンバー町あたり、この街との出会いは某国民的ロックスターの武道館公演プレミアチケットをネットだふ屋で購入した折、そのチケットの印刷のかすれ具合ふと疑わしく、元締めであるところの「ぴあ」社を訪れての真贋判定(大丈... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/05 12:51
引越記 その2
引越記 その2 えー前回からの続きである。さて、どこの町に住んだろかいな。日々の日課の散歩充実、緑豊富で、街に起伏があって・・・、我が町歩きデーターと照合すると候補となるのは「杉並区」「世田谷区」『港区』「千代田区」あたりに絞られてくる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/02 17:26
引越記 その1
えー、さて、「ブログ更新せえへんから心配してんねんで」なんてお便りをいただいたりしたけれど、思えば約2カ月間の御無沙汰で、別に引き籠ってたんやなれば、ネットのつながらん未開国を流離ってたわけでもない。 実は引越しを決意したからで、そう、単に決意したがためにこの2ヶ月間、大いにてんやわんや、駆けずりまわっていたのである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/07/23 13:51
ミャンマー国 『ヤンゴン』彷徨 その4
ミャンマー国 『ヤンゴン』彷徨 その4 えー、街や村や、飲み屋しか回ってへんのか、というお声もあるようで、実はしっかり観光名所も視察しており、ヤンゴンと言えばパゴダであり、パゴダと言えばヤンゴンであり、よーするに観光名所と言えばお寺、お寺と言えば観光名所、何やかやの選択肢なしのこれ一本。いざゆかん。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/28 15:43
ミャンマー国 『ヤンゴン』彷徨 その3
   ミャンマー国 『ヤンゴン』彷徨 その3 さて、早起きしてフェリーに乗ってヤンゴン川対岸へと渡る。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/25 17:44
ミャンマー国 『ヤンゴン』彷徨 その2
ミャンマー国 『ヤンゴン』彷徨 その2 「軍事政権」「世界最貧国」、ステレオタイプに吹聴されるイメージだけを信じていたら、この地ミャンマーには訪れなかったはずだ。タチレイでみた屈託のない笑顔と熱気に誘われてヤンゴン入りした僕の胸は、ポンコツタクシーのリアシートと共に躍っていた。開け放たれた車窓にへばりついては飛び去っていく未知なる色彩の嵐にさらされて、これから始まる豊饒な旅を僕は確信したのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/20 16:32
ミャンマー国 『ヤンゴン』彷徨 その1
ミャンマー国 『ヤンゴン』彷徨 その1 空港ロビーの扉を抜けると、待ち構えていたのは灼熱38℃の歓迎であり、群がる客引き、タクシーの群れ、ダウンタウンまで7$でどうだ、こっちは6$、いや5$だと、逆セリ状態の買い手市場、さあてと、それぞれの車を見渡せば、そろいもそろって侘び・サビ満載のビンテージ車ぞろい、セダンのくせして後部座席のない車、シートはあってもあんこは飛び出し、段ボールを5〜6枚敷きつめて「さあ座れ」、エアコン付きなど皆無であり、メーターはあっても機能せず、ボンネット、車体、左右のドアと、それぞれ色の違うパーツ合体サイケな車... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/16 15:07
ミャンマーに向かって、『桜の花、舞い上がる道を』
ミャンマーに向かって、『桜の花、舞い上がる道を』 えー、実は明日4月5日から10日間、ミャンマー国をさすらう予定になっていて、その前に、盛りの桜を愛でておこうと飯田橋の外堀で、昨夜ミニ花見をやってきたんやけど、寒いながらも今年の花はもう終盤戦。帰ってきたころには跡形もなく消え失せてしまってることかいな。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/04 17:39

続きを見る

トップへ

月別リンク

ときめきスタイル社 店長Sの 『東京彷徨かわら版』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる